FUKUROU's bar

40歳を超えて会社を設立した元IT系エンジニアの特許技術者が日々の出来事の感想や会社の成長を綴るかもしれないブログ

発明をおおっぴらに人に話しちゃうと特許取れないよっ!

こんにちは。

 

「発明をおおっぴらに人に話しちゃうと法律的には特許取れないことになっちゃうよっ!」と言うことについてお話しします。

 

自身がした発明の特許を受けるためには特許庁に対して特許出願が必要です。

 

特許庁の審査官などは特許出願された発明を審査することになるんですけど、

 

審査官が特許を認定するためには色々と用件があって、その中に

 

特許法第29条第1項>

・・・発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる。

一 特許出願前に日本国又は外国において公然知られた発明

二 特許出願前に日本国又は外国において公然実施された発明

三 特許出願前に日本国又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった発明

 

というのがあります。

 

つまり少し乱暴に言うと、出願前に

             ↑これ大事

 

①第三者に公然知られた発明、

 

②どっかで公然実施された発明、

 

③本とかインターネットに出てて皆んなが利用できる発明、

 

こういったものは特許を受けることができませんよーってことなんです。

 

ここで、“公然” なのかどうかがポイント。

 

“公然” の定義を調べてみると「おおっぴらなさま。」とあります。

 

そう、上の①②について言うと、おおっぴらに知られた発明、おおっぴらに実施された発明は特許になりませんよーと言っている。

 

だからおおっぴらに知られた発明でない場合、おおっぴらに実施された発明でない場合、インターネットや本で公開されていない場合は、他の要件も満たすことが必要なんだけど、とりあえず1つのハードルはクリアしていて特許になる可能性があります。

 

一方①〜③の場合には審査官は特許と認定しませんよーと言ってきます。

 

なんで皆さん、特許出願する場合には、その出願の前におおっぴらに人に言わないようにしましょう!

 

例えば、なんらかの会合で秘密保持契約を結ばずに発明を喋ってしまったとか、

 

秘密保持契約のないネット上のコミュニティー内でコメントしてしまったとか、

 

こう言った場合は “おおっぴら” に該当してしまいますので、法律的には特許にならなくなってしまうんです。

 

ただ、おおっぴらにされた証拠を審査官が見つけなければ、このハードルはクリアしてしまうのが実情ですけどね。

 

ただ、法律でそうやって規定されているので、特許取りたい場合は出願前におおっぴらに他人に話すことは気をつけよう!ってことです。

 

 

ではでは。

 

 

発明とは。特許とは。

今日は発明とはなにか、特許とはなにかについて。

 

ま、いろんなブログにかいてあるんですけどね。

 

まず、発明とはなにか。

 

日本の特許法にはこう書いてあります。 

 

特許法第ニ条第1項)

『この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作うち高度のものをいう。』

 

そう、発明とは日本国においては、

自然法則を利用したもの

②技術的思想の創作であること

③その創作が高度であること

これらの要件を満たせば一応は発明と呼べるんですね。

 

で、この発明が審査されて審査官などに認められた場合には、晴れて特許出願の日から20年の間、独占権である特許権が付与されるんですねー。

これがいわゆる特許です。

 

じゃ特許権が付与されると、独占できる20年間、何ができるのか。

もちろんその発明にかかる技術を独占できるのですが、独占とは何か。

つまり、

特許発明を侵害する者に対して

①差止請求

②損害賠償請求

③侵害品の廃棄の請求

 

などを行うことができるんです。

 

また特許発明を侵害した者に対しては、10年以下の懲役若しくは一千万円以下の罰金という罰則規定もあるんですねぇ。

 

とりあえず今回はこのくらいで。

ではでは。

 

 

 

 

動画講座に行ってきました@LUMIXフォトスクール

 

数ヶ月前にミラーレス一眼を買いました。

panasonic.jp

 

この商品を選んだポイントは

・ミラーレス一眼ということでサイズが小さくて持ち運びが便利

LEICAのレンズが付いてくる。

・4K動画撮影機能が付いている。

・5軸の手ぶれ補正が素晴らしい。と印象付けられた。http://panasonic.jp/dc/g_series/gx7mk2/mobility.html#dualis

・フォーカスセレクト機能が魅力的に感じた。http://panasonic.jp/dc/g_series/gx7mk2/4k_photo.html#focus

など。

 

ニコンやキャノンの一眼レフも検討したけれど、サイズが大きく持ち運びも面倒そうだし、パナソニックのラインナップではほぼ最上位機種だし私には十分です。

 

で、本格的なカメラを購入したのは初めてでカメラについては全くの素人。毎回どうしたものかと思っていたところ、某コミュニティ内で写真の撮り方を教えます的な話があり、ちょっと乗り気になっておりました。

が、1回80分×3回で2万円也。

1回80分で7000円か〜と少し残念に思い、費用対効果も考慮して結局参加しなかったんですね。

 

参加しなかったもう一つの理由としてパナソニックではLUMIXクラブフォトスクールなどという素晴らしい講座をLUMIXの購入者に案内していること。

ec-club.panasonic.jp

このスクールはプロが1回3時間〜8時間程度で講義し、講座によって4000円〜10000円。コミュニティの勉強会より安い講座たくさんあるし、講師はそれなりの経歴を持っている方々です。無料講座もある。

 

なんとなくこっちの方が良いかなと思って、先日講座を受けてきました。

受けた講座は

午前【動画講座】うまい!と言わせるムービー 一眼の撮り方(3時間)

午後【動画講座】旅先などで役立つ、一眼で人物動画撮影(4時間)

の2講座。午前と午後に分けての受講です。午前は座学編、午後は実践編。2講座で合計10000円。

安くはないけど、プロに教えてもらう機会なんて殆どないし、単に撮ってメモリに保存されているままの観られることのない動画でなく、より良い動画を残して、できれば家族で共有したいという思いがあり参加を決断しました。

 

結果は、良かった!!

 

少し講義内容を披露すると

・動画に映る人物の表現はその人物を撮るサイズと位置(アップサイズ、バストサイズ、ウエストサイズ、ロングサイズ、フルサイズ)で変わる。

・意味のないズームの寄り引きやカメラの振り回しはNG。

・各々の動画をつないで見せることを意識する。

・どこで、誰が、いつ、何をしているかを表す動画を分けて撮り、つなげる。

 

まあ講師の方は初めての講義だったらしく、少しぎこちない感じではありましたが、とても満足です。

講義の最後には動画編集についての話もあり、早速編集してみました。

↓これです。

youtu.be

 

 

なんかすごいんですよ。モデルさんを20人位で撮影しているのでその光景が異様で。自分がこのカメラおやじの中の一人と思うと少し恥ずかしいし、通行人からは誰?誰?有名人?みたいな。あの環境で撮影されるモデルさん、度胸あるわ〜

ところどころボケてますし、講義の内容が正確に反映されているわけではないですが、そこは最初なので仕方ないとして、動画編集が面白い!

これで、撮影した動画を家族でネット経由で簡単に共有出来ますね!有意義な1日でした。

マックの場合にはiMovieという動画編集アプリケーションが初めからインストールされているので便利ですね。

f:id:takachonb:20160922153332p:plain

MacのためのiMovie - Apple(日本)